LEDライトバーの接続

LEDライトバーの接続

今回はLEDライトバーを点灯させてみましょう。
丈夫なアルミフレームの中にテープLEDが最初から収納されているので、
設置が簡単なうえに見栄えも良く、照明器具としてたいへん使いやすいタイプです。
コネクタを接続する ケーブルを延長・分岐する 調光する

コネクタを接続する


ライトバーはフレームの種類ごとに様々な長さがあります。
どれも使い方は同じなので、好みのものを選びましょう。

代表的なフレームのひとつ、「アルミLEDライトバー」です。
連結用のDCジャックと取り付け用パーツが付属しています。

もうひとつが、「スーパースリムLEDライトバー」です。
連結用DCジャックが無く、マグネットシートが付属しています。

それぞれの外形を見比べてみました。
スーパースリムの方がひとまわり小さくて全体にシャープです。

ACアダプターのプラグを接続すればすぐ点灯します。
LEDの発光の強さ自体はどのフレームも特に変わりません。
LEDライトバーはそのまま使えて丈夫なアルミフレームなので、
とくにオフィスデスクやスチールラックなどとの相性が抜群です。
1本で充分ならばマグネットシート付きのスーパースリムがいち押しですが、
棚などに何本も連結するならアルミLEDライトバーのほうが良いでしょう。
レイアウトに応じて両方を混ぜて使っても、もちろんOKです。
トップへ戻る

ケーブルを延長・分岐する


延長ケーブルと分岐ケーブルが何種類か用意されています。
どれもDCプラグとDCジャックをつなぐだけで簡単に使えます。

「伸ばしたい」「分けたい」と思った所へ自由に追加します。
アルミLEDライトバーのDCジャックを活用するのも良いでしょう。

延長コードとは少し違いますが、ON/OFFスイッチも便利です。
これはコタツの電源スイッチのように電気を開閉します。

一部の照明だけをこまめにON/OFFしたいことがあれば、
配線ついでにこのスイッチを追加すれば手軽に解決します。
ケーブルをつかえば延長も分岐もだいたい思い通りにいきますが、
分岐コードに流せる電流には上限が定められていますので
あまり極端なタコ足配線にならないようにだけ気をつけてください。
何本も並べるならばアルミLEDライトバーの方が断然に便利ですので、
どう設置するか未定ならとりあえずアルミLEDライトバーが無難です。
トップへ戻る

調光する


アルミバーの中に入っているのは普通のテープLEDですので、
テープLEDと同じ調光コントローラーをそのまま使用できます。

調光コントローラーのコネクタもDCプラグになっているので、
コントロールしたい場所にそのまま挿入するだけで使えます。

明るさをアナログで調節したいなら調光器がおすすめです。
これは指でツマミを回して明るさを変化できます。

RF調光コントローラを使えば、一般の家庭用照明のように
無線リモコンでON/OFFできます。もちろん光量も調節可能。
「ここにちょっと照明が欲しい、でもちょうど良いのが売ってない」
というようなことは割とありがちだと思いますが、
そういうときはライトバーとコントローラーを使って
自分の望みどおりの照明を作ってしまうのも良いでしょう。
卓上にスーパースリムを1本据えるだけでだいぶ明るくなるので、
今まで暗くて不便だった空間にあらためて気付かされるかもしれません。
トップへ戻る

LEDライトバーの接続サンプル動画
トップへ戻る

今回の主な使用パーツ

akiba LEDピカリ館は定休日なしで毎日営業しております。お気軽にお立ち寄りください。 OPEN 11:00~19:00