RGBテープLEDの接続

RGBテープLEDの接続

今回はRGBテープLEDを接続してみます。
RGBテープLEDは、赤や緑といった固定色をもたずに何色にでもなる便利なLEDです。

コネクタを接続する ケーブルを延長・分岐する

コネクタを接続する


それではRGBテープLEDを何本か接続してみたいと思います。
余裕をみて大きめのACアダプタを用意しておきました。

「何色にでもなる」ということは色を指定する必要があります。
単色テープLEDとちがってコントローラーは必須になります。

コントローラとテープ、各々のコネクタの矢印を揃えてつなぎます。
この向きが反対だと光りませんので注意してください。

連結式テープも同じように向きを合わせてつなぎます。
もし光らなければ、ピンをはずして反対側につないでみましょう。

単色テープ同様、テープの反対側からもケーブルが伸びています。
RGBテープを増設したい場合はここに連結していきます。

コントローラにACアダプタを接続すれば自動的に点灯開始します。
手元のリモコンから、色やパターンを簡単に変えられます。
単色テープLEDのときはDCジャックに電源をさしこんですぐ使えましたが、
今回のRGBテープLEDでは最初からコントローラーが必要であったり
4ピンコネクタに向きがあったりして、若干ややこしかったでしょうか。
とはいえこれでRGBテープの難しいところはもう完了しましたので、
あとは好みの色に変化させたり派手にフェードしたり思いのままです。
トップへ戻る

ケーブルを延長・分岐する


4ピンコネクタ用の延長ケーブルや分岐ケーブルがあります。
これらは連結式クリアドームテープLEDの連結でも使いました。

連結式のコネクタはそのまま4ピン端子をつなぎましょう。
ここでもまた、光らなければ反対側をつないでみてください。

レイアウトによってはL字・T字・十字コネクタが便利です。
4ピンコネクタが不足するので、個別に買い増しておきましょう。

配線したら実際に点灯させて接続の向きを確認します。
きちんとすべて同じ色で光っていれば接続OKです。
配線のコツについては、今までの単色テープLEDと基本的に同じです。
4ピンコネクタは見た目で難しそうな印象を受けることがありますが、
つなぎを間違えても反対向きに直せばいいのでとくに難しくありません。
連結部もかさばらないので、慣れればDCジャックより使いやすいでしょう。
トップへ戻る

テープLEDの接続サンプル動画
トップへ戻る

今回の主な使用パーツ

akiba LEDピカリ館は定休日なしで毎日営業しております。お気軽にお立ち寄りください。 OPEN 11:00~19:00