単色テープLEDの接続

単色テープLEDの接続

今回は単色のテープLEDを接続し、点灯させてみます。
DCジャックでつなぐだけなので一番シンプルなタイプです。

単色テープLEDの種類 コネクタを接続する ケーブルを延長・分岐する 調光する

単色テープLEDの種類

「単色テープLED」には非常にたくさんのバリエーションがありますが、
基本的には「下地の色×表面加工×LEDの色×テープ長」の組み合わせです。
用途さえ決まっていれば、品選びに悩むところはそれほど多くありません。

LEDの発光色は同じでも、下地のテープの色は2種類あります。
白基板と黒基板のどちらかお好みでお選びください。

さらに、表面加工があるかないかで2種類用意されています。
クリアドームタイプか非防水タイプのどちらかになります。

LEDが3個ならぶごとにハサミの切り取りマークが付いており、
この単位でちょうど良い長さに切り詰めることができます。

ハンダゴテを使えば、切った余りを再びつなぐこともできます。
複雑なレイアウトを作りたい場合にはこういう加工もありです。
トップへ戻る

コネクタを接続する


それでは、てごろな1mテープを何本かつないでみましょう。
1mあたり1.2アンペア必要なので、大きなACアダプタを使います。

単色テープLEDには最初からDCジャックが付いていますので、
ACアダプタから出ているDCプラグを差し込むだけでOKです。

テープLEDは、DCジャックの反対側からDCプラグが出ています。
もう一本のテープLEDをここに付け足すと簡単に連結できます。

あとはACアダプタをコンセントに挿せばそのまま点灯します。
色の違うテープLEDを連結しても、とくに気にする点はありません。
単色テープLEDの接続は、「DCプラグ」と「DCジャック」が基本です。
専門的な知識や工具を使わず簡単に手で配線することができますが、
光らせるテープ長の合計に応じて必要なアンペア数は変わってきますので
点灯前に念のためACアダプタの容量だけは確認しておきましょう。
トップへ戻る

ケーブルを延長・分岐する


ケーブルを延長したり電源をいくつかに分配したい場合、
延長ケーブルや分岐ケーブルを使いましょう。

テープLEDと同じ要領でDCジャックとDCプラグをつなぎます。
延ばしたいところに好きなように割り込ませてかまいません。

1本のDCジャックから2~4本のDCプラグが枝分かれします。
もちろん延長ケーブルを併用してもかまいません。

電源が入れば、ケーブルの先のテープLEDが全て点灯します。
電気は均等に流れ、光り方に差が出ることはありません。
延長も分岐も、DCプラグとDCジャックだけで済んでしまいます。
プラスマイナスを間違えることもなく気軽に自由につなげられますが、
ケーブルに流せる最大アンペア数がそれぞれ決まっていますので
それを越えないようにだけ気をつけてください。
トップへ戻る

調光する


単に明るさだけを変えるなら「調光器」を使うのが簡単です。
「点滅調光コントローラ」は光らせ方のパターンを制御できます。

ACアダプタとテープLEDの間にこれを割り込ませると、
電気の流れを調整してLEDの明るさを変えることができます。

調光器は一番シンプルで使いやすいため、けっこう人気です。
ジョグダイアルのように明るさをツマミで調節できます。

点滅調光コントローラーも同じように接続できます。
こちらは明るさ以外にも様々な光らせ方を選択できます。

一番簡単なミニ点滅調光コントローラーはボタン3つです。
選んだパターンと明るさを記憶し、電源投入時に自動で光ります。

設定を無線リモコンで変更できるバージョンもあります。
お店などに設置するならこちらの方が使いやすいでしょう。
「調光コントローラを導入する」というと難しそうに思えますが、
実作業としてはDCプラグとDCジャックをただつなぐだけです。
延長ケーブルと同じ要領で簡単に付け外しできますし、
あれば重宝するので気軽にセットしてみてください。
トップへ戻る

テープLEDの接続サンプル動画
トップへ戻る

今回の主な使用パーツ

akiba LEDピカリ館は定休日なしで毎日営業しております。お気軽にお立ち寄りください。 OPEN 11:00~19:00